毛穴のたるみが気になっている方へ

年齢とともに目立ってくる顔の毛穴。

 

20代後半くらいから毛穴がどんどん目立ってきますが、30代半ばになると今度は毛穴がたるむようになってきます。

 

今回は、たるみ毛穴の原因や毛穴のたるみを改善する成分、サプリメントについてご紹介します。

 

■たるみ毛穴の3つの原因について?

 

1. 紫外線の影響

 

紫外線はシミやそばかすだけでなく、肌のハリにも影響を与えます。肌は、表面に近い方から表皮、真皮、皮下組織の3重構造をしています。日焼け止めなどの紫外線対策をしていないと、紫外線は肌の角質層を突き抜け真皮層まで届きます。

 

真皮には、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリに関係しているタンパク成分がありますが、コラーゲンは紫外線で破壊されてしまいます。すると、肌のハリが低下し、たるみが発生するのです。

 

2. 保湿成分生成量の減少

 

お肌の内部では、常に保湿成分がつくられており、新陳代謝が活発に行われています。20代前半まではお肌は成長期と呼ばれており、保湿成分の生成量も多いのですが、20代後半以降になると、お肌は衰退期に入り、少しづつ保湿成分の生成量が減ってきます。

 

エラスチンやヒアルロン酸も肌のハリに関連していますが、特にコラーゲン生成量の低下は、肌のハリや弾力の低下を招き、毛穴のたるみを引き起こします。

 

3. 表情筋の低下

 

年齢を重ねると筋肉量が減りますが、これは体に限った事ではありません。顔にも表情筋という筋肉がありますが、年齢を重ねると、表情筋の筋肉も減少してきます。今まで筋肉によって持ち上がっていた肌も筋肉がおちることによってたるんでしまい、毛穴もたるみます。

 

■たるみ毛穴を改善させる肌の外と内からのアプローチ

 

まずは外からのアプローチとして基礎化粧品での保湿を欠かさないようにしてください。おそらく、ほぼすべての方が基礎化粧品は使っていると思いますが、たるみ毛穴が目立つようになってきた場合は使っている成分に少し気を使ってください。

 

肌の保水力を高める「セラミド」が含まれているかどうか?中でも人間の肌にもともとあるセラミドと同様の型をしている「人型セラミド」は、肌の保水力をアップし、ふっくらとした肌を作ります。

 

また、たるみ毛穴対策を重視したい場合は、肌の内側からのアプローチも必要です。まずは食事ですが、ビタミンが豊富なフルーツや野菜を意識して食べるようにするのはもちろんのこと、足らない部分においては、サプリで補うようにしましょう。

 

コラーゲンが作られる線維芽細胞を活性ささせる、「成長因子」はプラセンタに多く含まれています。また、線維芽細胞を増やす働きのある「コラーゲン」も効果的です。

 

■たるみ毛穴対策に効くサプリメント

 

サプリメントは肌内部にコラーゲンを作る力を高める「プラセンタサプリ」と「コラーゲンサプリ」がおすすめです。

 

コラーゲンは、肌真皮層にある線維芽細胞で作られますが、この線維芽細胞の働きを活性化するのがプラセンタサプリに含まれている「成長因子」。そして、線維芽細胞を増やす働きがあるのがコラーゲンが消化してできる「コラーゲンペプチド」です。

 

当サイトでは、たるみ毛穴対策にピッタリのプラセンタ、コラーゲンサプリをランキング形式でご紹介していますので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

肌のハリを取り戻すサプリ|おすすめランキングはコチラ