口元のしわとたるみを改善するサプリ

年齢とともに口角が下がり、顔が老けて見えてしまうことは多くの女性の悩みとなっています。ブルドック顔やマリオネットラインといったキーワードを目にすると、敏感に反応してしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、多くの女性の悩みとなっているほうれい線や頬のたるみについて、その原因や対策をご紹介します。

 

■口元のしわとたるみの原因

 

年齢とともに口元のしわやたるみが増えてくる大きな原因は、肌のハリや弾力が失われてきたことが上げられます。

 

肌のハリや弾力は、肌の内部にあるコラーゲンやエラスチンと呼ばれるたんぱく性保湿成分の量と関連しています。

 

量が多いほど肌のハリや弾力があり、少ないほどハリや弾力も低いという関連性です。

 

これらの成分は、肌の奥にある真皮層で作られています。

 

若いころであれば、肌の新陳代謝による失う量よりも生成量のほうが多いので、肌にハリのある状態が続きますが、年齢を重ねてくると生成量が減ってきますので、20代後半くらいから

 

失う量>生成量

 

という関係性が少しづつ際立ってきます。すると、肌内部のコラーゲン量が減少してくるので、肌のハリや弾力が低下してしまい、それがしわやたるみの原因になるのです。

 

■まずは潤いを与えるケアを

 

化粧水や美容液などの基礎化粧品によるケアは、直接的にコラーゲンやエラスチンを増やす働きはありません。しかしながら、肌の表面にある角質層の保水力を上げ、肌のバリア機能を高めることで、今あるコラーゲン等の成分を守る働きはあります。

 

角質層の保水力を高め、肌のバリア機能を高める成分で最も有効なのはセラミドです。最近は人の肌に元々あるセラミドに似通った構造をしている「人型セラミド」という成分を配合した基礎化粧品も販売されていますので、そういった化粧水を選ぶことでより効果的になります。

 

口元のたるみやしわを解消するために、まずは、「セラミド配合の基礎化粧品によるうるおいケア」をしっかりと行ってください。

 

■体の内側からリフトアップ!

 

基礎化粧品で肌の外から肌のバリア機能や保水力を高めるのと同時に、肌の内部からのアプローチも行ってください。そのためにはサプリが有効なのですが、中でも「プラセンタ」と「コラーゲン」は効果が肌のハリを高める効果があることで知られています。

 

プラセンタには、プラセンタ独自成分である成長因子があります。

 

成長因子というのは、肌内部の奥、真皮にある線維芽細胞を活性化させる作用があり、そこで作られるコラーゲンやエラスチンの量を増やすことができます。また、プラセンタには保湿細胞の元となっているアミノ酸が豊富に含まれており、肌の水分保持力を上げ、新陳代謝もアップするという嬉しい効果があります。

 

また、最近の研究結果ではコラーゲンにも同様の働きがあることが分かってきました。サプリメントなら、手軽かつ簡単に有効成分を摂取できますので、ぜひ毎日のスキンケアにプラスして取り入れましょう。

 

※参考【関連記事】

肌のリフトアップに効果があるのはこれ|プラセンタ・コラーゲンサプリランキング