肌の衰えを改善するサプリをお探しの方へ

・肌のハリがなくなってきた
・肌のたるみをリフトアップしたい
・小じわをどうにかしたい

 

年齢を重ねてくると、肌の衰えが気になってきますよね。毎日化粧水や美容液をつけていてもあまり効果がなく、どうしたらよいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、肌の衰えを感じているアラフォー世代の方向けに、オススメのケアやサプリについてご紹介します。

 

■目次


■肌の構造からみる肌の衰え対策について

 

お肌は、角質層のある表皮、その奥にある真皮、さらに奥にある皮下組織から成り立っています。

・角質層の2つの役割

 

角質層には2つの役割があります。一つは肌の内部に花粉やPM2.5などの微細な物質が入り込まなくするためのバリアの役割。もう一つは、肌の奥にある水分を保つ役割です。また、角質層はレンガ状になっています。この層一つ一つがきれいに整列することで、上で話したバリア機能と保水機能が十分に発揮されます。わずか0.02oの角質層ですが、バリア機能と保水機能を兼ね備えたとても大事な部分になります。

・真皮層の役割

 

角質層の奥には真皮層がありますが、真皮層の役割は主に、保湿成分を作り、保持する事です。真皮層には、線維芽細胞という母細胞がありコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの保湿成分が作られています。線維芽細胞が活性化したり増えたりすると、コラーゲン等の保湿成分が十分に肌内に作られます。すると、肌のハリや弾力が高まり老化やたるみを解消できるようになります。

■基礎化粧品での肌の衰えケアについて

・基礎化粧品は肌のどこにアプローチするもの?

 

化粧水に使われる様々な成分が開発されていますが、いくら粒子が小さいナノ成分でも角質層までしか届きません。粒子が小さい事で知られている「ライスパワーNo.11」、「ナノセラミド」でも真皮層までは届きません。したがって基礎化粧品は角質層をケアするアイテムであると言えます。

・角質層を整えるためには?

 

一つ一つの角質は、「セラミド」と呼ばれる保湿成分でお互いにくっついて並んでいます。このセラミドがないと、角質がバラバラになり、角質層の役割であるバリア機能と保水機能が低下します。このように角質が乱れると、肌のハリや弾力の低下、小じわなどを招いてしまいます。角質層を整えるためには、セラミドを配合した化粧水を使い、足りないセラミドを補充するのが効果的です。セラミドの中でも「人型セラミド」と呼ばれる人の肌内で作られるセラミドに近いタイプのセラミドを使うと肌への馴染みが良いので効果的です。

 

【参考】

セラミド配合のオススメ基礎化粧品はコチラ


■サプリでの肌の衰えケアについて

・サプリは肌のどこにアプローチするもの?

 

サプリは一度体内に吸収された成分が肌に届くことによって肌の内側からアプローチするものです。したがってサプリの成分は肌の真皮層に届き、真皮層に影響を与えます。

・大切なのは線維芽細胞

 

真皮層には、保湿成分を作る細胞の線維芽細胞があります。この線維芽細胞を活性化させる、または増やすことによって、コラーゲンなどの保湿成分を肌の内部に増やすことができます。
コラーゲンの増加=肌のハリアップ=リフトアップ
とつながりますので、肌の衰え対策になります。

・オススメのサプリはこの2つ

 

いろいろなサプリがありますが、真皮層の線維芽細胞にアプローチするサプリは、「プラセンタ」「コラーゲン」の2つです。プラセンタに入っている「GF(成長因子)」は線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンを増やします。コラーゲンが消化されてできるコラーゲンペプチドは、線維芽細胞を増やす働きがあり、コラーゲンを増やします。
(※コラーゲンがそのままコラーゲンになるわけではありません。線維芽細胞を介してコラーゲンを増やすのです。)

 

本サイトでは以下のページにて肌の衰え対策にピッタリのサプリメントをランキング形式でご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

肌のリフトアップに効くサプリ|オススメサプリランキング