35歳|肌をリフトアップしたい方へ

30代の半ばを過ぎてくると、だんだん肌のたるみが気になり始めます。

 

・頬がたるんでブルドック顔に。。。
・毛穴が縦方向に目立つように
・肌がしぼんで老けてきた

 

などなど、35歳付近は肌の悩みが急激に増えてくる年齢です。

 

■35歳は肌の転換点、そのわけとは?

 

・肌の劣化の始まりは20代後半

 

お肌は赤ちゃんのころから少しづつ成長をしていますが、成長から衰退へ変わる転換期があります。その転換期の始まりが20代後半。

 

20代前半までは、肌が持つ保湿成分を作る力が保湿成分が減る量よりも多く、日焼けなどで肌のダメージがあってもすぐに回復します。しかし、25歳を過ぎたあたりから、肌の保湿成分生成力が衰え始めます。

 

とはいえ、20代のうちはまだまだ肌の保水力が高いので、それほど実感しない方も多いと思います。

 

・肌の劣化を実感するのに数年かかる?

 

20代のうちは実感していなかった肌の保水力が、30代に入ると今度は急激に低下してきます。また肌の内部で作られていたコラーゲンの生成力も低下します。このコラーゲンの低下、角質層の保水力の低下が合い重なると、お肌の劣化が激しくなり、鏡を見ると自分でも肌の劣化を実感するようになります。そのタイミングが30代の半ばごろ、35歳付近になるのです。

 

本来であれば、急激な劣化にならないためにも、予防策として20代後半くらいからケアを始めておきたかったところですが、35歳からでも決して遅すぎではありません。

 

■35歳でリフトアップしたい方が今すぐ始めたいケアとは?

 

肌のたるみを感じ、リフトアップしたいのであれば、ズバリ「プラセンタサプリ」か「コラーゲンサプリ」を摂り始めてください。

 

・なぜプラセンタとコラーゲンが有効なのか?

 

肌のリフトアップに必要なのは「肌内部のコラーゲン量の増加」です。

 

コラーゲンは、肌の真皮にある線維芽細胞と呼ばれる保湿成分を作る細胞で生成されています。
コラーゲンを増やすためには、
1. 線維芽細胞を活性化させる
2. 線維芽細胞を増やす
この2通りしかありません。

 

プラセンタには、豊富なアミノ酸と成長因子(GFグロースファクター)と呼ばれる成分が含まれています。成長因子は、線維芽細胞を活性化させる成分として知られており、コラーゲンを増やす働きがあります。

 

コラーゲンは、体内でアミノ酸に分解され、吸収されます。しかしながら全てのコラーゲンがアミノ酸に分解されるわけではなく、そのうちの一部は、コラーゲンペプチドというアミノ酸に分解途中のまま残ります。このコラーゲンペプチドが線維芽細胞を増やす働きがあることが近年分かってきており、ケガの治療などに有効活用されてきています。もちろん線維芽細胞が増えるわけですから、コラーゲンが増え、肌のリフトアップにもつながるのです。

 

これらのサプリを今から始める事で、40歳になった時の肌に確実に違いがみられることでしょう。

 

【まとめ】

・肌の劣化は20代後半から始まり、35歳くらいで実感するようになる
・35歳でリフトアップしたいなら、線維芽細胞にアプローチする「プラセンタサプリ」「コラーゲンサプリ」を今すぐ始めるべき

 

当サイトでは、以下のページにて、口コミで人気のプラセンタサプリ、コラーゲンなどをご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。